看護師 転職

看護師が復職するにあたって

看護師として働いていても、妊娠出産でやむ負えなくお休みして、復職するママさん看護師が増えています。 看護師が復職するにあたって気をつける事を述べていきます。

1復職時期を決める
子供が1歳になれば、復職するのが一般的でしたが、現在は3歳まで延長出来る現場も増えてきました。 出産前に、上司に復職の目処を話して、子供の発育状態にて、相談するのが良いと思います。

2子供を預ける場所を探す

女性2

託児所付きの病院も増えていますが、クリニックや訪問看護などでは、託児所が完備されていない場合が殆どです。 そうした場合に、子供を預ける場所を確保する必要があります。 自分がいざ復帰を考えていても、待機児童になる事もありますから、役所に相談したり、マザーハローワークにて、子供の預ける場所を相談する必要があります。

3土日祝休みは必要?
復職したものの、土日祝休みと要望を聞いてくれない場合もあります。 また、病院などでは夜勤必須の場合もあり、少しでも困難であれば、復職を考え直し、他に転職する事を考えなくてはなりません。

4転職にあたっての求人の探し方
転職を考える場合、ハローワークや求人雑誌などがありますが、最近では看護師専門の求人サイトがあります。 看護師専門の求人サイトの場合は、専門のコーディネーターがついてくれ、履歴書や職務経歴書などの書き方や添削、面接や内定までのサポートをしてくれますから安心です。 また、先方に土日祝休みの要望や、育児への配慮もコーディネーターを通してだと、要望しやすいと思います。

5ブランクについて
近年、看護師のブランクについて取り組みが活発です。 総合病院などで、ブランクの養成講座を開催していたり、看護師の復職に向けて、オープンな職場が増えてきました。 なので、「現場を離れて数年経つけど、現場についていけるか心配」と思っていても、安心して復職が出来ます。 また、最近では、子育てママさんの看護師も増えています。