看護師 ブランク

ブランクがあっても問題なし?

最近、人気の職業といえば看護師ですが、女性として妊娠出産をする事が多く、ブランクについて気になります。 そこで、看護師のブランクについて調べてみました。

看護師について
看護師は、施設や在宅などで医療行為を行う国家資格です。 業務独占(その資格を持ってないと、その仕事が出来ない)で、収入も良く、社会人枠を設ける看護系養成施設も増えていますから、今注目の職と言えます。 また、社会人枠を利用して看護師に転職する方も増えています。

看護師のブランクについて
看護師として、働きたくても出産や育児により一時的に看護職を離れる事がしばしばあります。 その一方で、高齢者が急増しており、疾病や障害などに悩む方が増えており、福祉職や医療関連職の確保を目指し、国の方も止む終えず看護職を離れてしまった方の援助を行なっています。

 

女性3


国の看護師のブランク援助
国の看護師のブランク援助としては、転職援助だったり、公立病院などで、養成講座を開いたりしています。 今は、医療現場は著しく変化しており、その変化に対応出来るよう援助する役割があります。 また、託児付きの場合が多く、子育て中のママである看護師を現場に戻す働きかけをしています。

その他ブランクへの取り組み
今は、ネット社会ですので看護師の専門の求人もあり、ブランクへの対応をしてくれる現場も増えてきました。 また、託児所を完備する現場も増えており、なるだけブランクを作らないようにする所も増えてきました。 また、転職においても、日勤体制や在宅系も増えており、好きな時間だけ働く看護師も増えています。

まとめ
看護師は、手に職といえるほど価値のある資格です。 ブランクが心配という場合は、復職する際に上司に相談してみたり、夜勤が多くて育児や家事が上手くいかない場合は、転職も考えてみるべきと思います。 養成講座などは、行政からのお知らせや各々の病院のホームページに掲載されていますから、ブランクが気になるのであれば、養成講座を受けてみるのをオススメします。